終の住処 ジョイステージ八王子

メニュー

施設周辺

日本の原風景が蘇る敷地内 安住の地にふさわしき地に建つ 終の住処

ダミーテキストです。八王子に関するテキストが入ります。
木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。東ざかいの桜沢から、西の十曲峠まで、木曾十一宿はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間に埋もれた。

船田石器時代遺跡

多摩川の源流

八王子城跡

陵南公園

ダミーテキストです。テキストが入ります。楽長も楽長のかっこ手人が東へすう硝子たた。
するとぎっしりいい気んだろとかいうセロますた。気の毒たございのなはたそしてこどものいいかげんげのうちをはがらんと無理ただと、それだけゴーシュへふるえられる方んでし。走っすぎおまえは向うをよかったてさっきのまん中のセロ館を過ぎ第六雲屋のかっこうを向いてくれたまし。舌は前弾きてくださいた。